大工の苦悩の日々を告白
by bm9sismdva
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
郵政法案、延長でも成立困難=..
at 2010-06-16 15:06
菅新代表「首相として国を立て..
at 2010-06-07 15:54
仮想マルチ一斉捜索 投資話で..
at 2010-05-28 16:12
<名古屋市>全職員ボーナス削..
at 2010-05-20 03:02
「生物多様性かんさい」発足 ..
at 2010-05-12 18:58
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「生物多様性かんさい」発足 自然保護9市民団体が連携(産経新聞)

 国連の生物多様性条約締約国会議が今年10月、初めて国内(名古屋市)で開かれるのを前に、関西を拠点に活動する自然保護関係団体が連携した組織「生物多様性かんさい」が設立されることになり12日、関係者が記者会見した。

 さまざまな生物が生息できる環境の保全を訴えている「日本野鳥の会大阪支部」(大阪市)や、環境にやさしい買い物を提唱している「ネットワーク『地球村』(同)」など9団体が参加。

 関西にはビワコオオナマズなど絶滅が危惧(きぐ)されている固有種も多く、各地域で周知を図っていく方針。ホームページも開設し、イベント案内といった情報の発信も進めていく。

 事務局を務める「森の都研究所」(兵庫県丹波市)の宮川五十雄代表は「いろいろな専門性を持つ団体が連携することで、関西の歴史と文化と生物多様性のかかわりなどを発信していきたい」と話している。

【関連記事】
生物多様性の損失止まらず 脊椎動物3分の1が失われたと発表
生きものが共存 田んぼは「命のゆりかご」
公平な利益配分に向け議定書作成へ 生物多様性条約で素案
多様性保全法案、環境副大臣と市民団体が意見交換
国連、MISIAさんを名誉大使に 生物多様性会議に向け

大阪市長に公開討論申し入れへ=「大阪都」構想で対立の橋下知事(時事通信)
バイク放火容疑で男再逮捕=連続不審火との関連捜査−千葉県警(時事通信)
首相を擁護「一朝一夕にいかぬ」=5月断念で閣僚発言−普天間(時事通信)
「全米さくらの女王」が大統領の親書とともに鳩山首相を表敬(産経新聞)
中国の中間層にビザ、観光誘致へ要件緩和方針(読売新聞)
[PR]
by bm9sismdva | 2010-05-12 18:58
<< <名古屋市>全職員ボーナス削減... 今夏のテーマは「心の癒し」 東... >>